大学受験〜受験勉強の方法

大学受験
受験勉強の方法


大学受験塾トップコラム集目次

受験勉強法 志望校選びのテクニック

志望選びのテクニックとして、
隔年現象
試験日
科目の配点比率
を考慮して合格の可能性をアップさせる方法があります。

本来であれば、学力がどうであれ、自分が本当に行きたい大学を狙うことが一番なのですが、ある程度限界というものもありますし、行きたい大学が複数ある場合は、参考にしてください。

隔年現象
前年に高倍率(高競争率)を記録した大学は、受験生が避ける傾向があるため倍率が下がります。これとは逆に前年に低倍率(低競争率)であった大学は、低倍率を予想した受験生がたくさん受験し高倍率になります。
 難関な大学ほどこの隔年現象となる可能性が高くなります。隔年現象が強く現れる場合と、ほとんど現れない場合があります。

受験日
トップクラスの受験生の多くが第一志望として受験する大学と同じ日に入試が行なわれる大学を狙うと有利になります。当然のことながら、トップクラスの受験生が自分と同じ大学を受験しないからです。

科目の配点比率
予め自分の客観的なレベルを計る必要はありますが、自分の得意科目の配点比率が高く、苦手な科目の配点比率が低い大学を狙うべきです。


スポンサードリンク