大学受験〜受験勉強の方法

大学受験
受験勉強の方法


大学受験塾トップコラム集目次

大検から高認へ(PART1:その制度)

著 者: 福田 誠

高等学校卒業程度認定試験は、様々な理由で、高等学校を卒業できなかった者等の学習成果を適切に評価し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があるかどうかを認定するための試験です。
合格者は大学・短大・専門学校の受験資格が与えられます。
また、高等学校卒業者と同等以上の学力がある者として認定され、就職、資格試験等に活用することができます。


スポンサードリンク


受験資格は
平成19年3月31日までに満16歳以上になる人であれば、だれでも受験できます。
平成17年度から、全日制高等学校等に在籍されている方も受験が可能となりました。

試験会場は
各都道府県に1カ所ずつあります。

試験科目は
国語  (国語 必修)、
地理歴史(世界史A・世界史Bのうち1科目必修)
    (日本史A・B、地理A・Bのうちいずれか1科目必修)
公民   (現代社会1科目又は倫理、政治・経済の2科目どちらか必修)
数学  (数学 必修)
理科  (理科総合・物理・化学・生物・地学 5科目のうち2科目必修)
外国語 (英語 必修)

合格に必要な科目数… 8科目(現代社会を選択した場合)
           9科目(倫理及び政治・経済を選択した場合)

出題範囲は
高等学校卒業程度認定試験の出題範囲は以下のとおりです。
 なお、出題は全て高等学校の新学習指導要領の科目
(平成15年度以降の高等学校入学者が使用している教科書)に対応しています。

試験科目 出題範囲(対応する教科書名)
国語   「国語総合」(※古文・漢文が含まれます)
世界史A 「世界史A」
世界史B 「世界史B」
日本史A 「日本史A」
日本史B 「日本史B」
地理A  「地理A」
地理B  「地理B」
現代社会 「現代社会」
倫理  「倫理」
政治・経済 「政治・経済」
数学   「数学T」
理科総合 「理科総合A」と「理科総合B」を総合した範囲
物理   「物理T」
化学   「化学T」
生物   「生物T」
地学   「地学T」
英語   「英語T」


試験科目の一部免除
高等学校で単位を取得した場合は、試験の免除を受けることができます。

その他詳細は、文部科学省のHPでご確認下さい、
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shiken/index.htm

さて、この「高認試験」を受ける人にはどのような人がいるのでしょうか?
まず第1に多いのは、高校を中退してしまったが、もう一度自分を磨くために
大学進学を目指したい人が、高認試験の合格後に大学受験資格を得るという
ものでしょう。
また、高等学校卒業者と同等以上の学力がある者として認定され、就職や
資格試験等に活用するという人が考えられます。

では、具体的な試験の内容とその対策は???
それは、 【大検から高認へPART2】で
..... .....